お知らせ

2017年 1月 5日

月報全青司1月号(お薦めいばらき〜JAXA筑波宇宙センター編~)

月報全青司をご覧の皆さん、こんにちは!実行委員長の荘原直輝(そうはらなおき)です。いばらき全国大会の開催まで残り1ヶ月あまりとなりました。皆さんのお手元には、既に大会パンフレットが届いていることと思います。実行委員会のメンバーでゼロから作りあげてきた全国大会ですが、各企画も具体的に固まり、皆さんをお迎えする準備も着々と進んできております。今月号では、大会企画についてお伝えしたいと思います。
大会テーマは『志動』です。実行委員会で誕生したこの言葉も、神奈川全国研修会や各地での研修会等でのPRにより、少しずつ浸透してきているのかなと期待を込めて感じています。この力強い言葉には、「青年司法書士の一人ひとりが、志をもって、社会問題に取組む一歩を踏み出そう、動いていこう」というメッセージが込められています。一人でも多くの司法書士が、小さな一歩でもいいので、社会問題に取組んでいけば、一歩一歩の積み重ねが大きなうねりとなって、やがては社会問題を根本解決していく力となるはずです。また、そうしていく事で、司法書士が社会問題を解決することのできる重要な社会的資源として市民に認知され、より一層活用していただけるのではないか。市民の負託に応えていくには、普段の日常業務から一歩踏み出して活動に取り組んでいく姿勢が重要なのではないかと考えております。
いばらき全国大会では、このメッセージを全国の皆さんと一緒に共有し、向き合い、考えていくために、3部構成の企画をご用意しました。
第1部は基調講演です。講師は2006年の貸金業法改正にいたる活動を牽引してこられた宇都宮健児弁護士です。社会問題に取組む意義や必要性、なぜ法律家は社会問題に取組まなければならないのかについてご自身の経験をもとに、ご講演いただきます。また、「一人の法律家が一歩踏み出して、仲間を増やし、世論を喚起し、市民と一緒になって、法律をも改正した。時に社会や制度に立ち向かう困難な活動であっても、成し遂げられる日は来る!」これから取り組む方だけでなく、既に実践中の参加者にも、こうした自信と活動の可能性を感じていただければと思います。
第2部は司法書士に対する実践者インタビューです。講師は宮城会の森田みさ司法書士です。森田先生は、児童養護施設等を退所した子供たちや親の支援を受けられない若者の自立支援を目的としてNPO法人を設立し、日常業務や会務を遂行しつつ、子供たちと向き合う活動をされています。事務所の一部を居場所サロンとして定期的に子ども達に解放したり、社会で自立していくための法律講座を開催したり…。そのバイタリティあふれる活動は、おおいに目を引きますが、森田先生自身は決して肩肘ばって活動されているわけではありません。「おかしいなと違和感をもったら、自然と一歩踏み出してた。自分がそうしたいと思ったら、気づいたら動いていた。」柔らかな口調で語られるお話は決して武勇伝だけではありません。社会問題に取組むというと、どうしても堅苦しく、身構えてしまいがちですが、実践者自身も悩みや苦しみ、葛藤を抱えながらも活動をつづけ、楽しさ、やりがいを感じて明日の一歩につなげています。第2部は、司会者と講師とのインタビュー形式で、社会問題への取組を支える心、思いに迫ります。講演ではないので、某ご長寿テレビ番組「●子の部屋」のような気楽なスタイルで社会問題への取り組みを身近に感じていただけると思います。
そして、第3部はパネルディスカッションです。それまでのプログラムで感じた参加者自身の内面に各自で向き合う時間にしたいと考えています。パネラーには様々な問題に取組み、多種多様な考えをもった方々にご登壇いただき、「なぜ社会問題に取組まなければならないか」「取り組む司法書士が増えていけば、司法書士は将来どんな姿になっているか」「各パネラーの実際の初めの一歩や活動を続けるヒント、一歩を踏み出すにはどうしたらよいか」等につき、ディスカッションを行います。参加者の皆さんには、単に聞いているだけでなく、ワークを交えながら一緒になって、考えていただく工夫を凝らします。様々な方の意見にふれ、ワークを通じて自分自身と向き合い、社会問題への取組について「自分事」として再考していただければと考えております。
社会問題に取組もうといっても、人権問題に限りません。例えば、根幹業務である登記制度であっても、制度の不備や改善点は多岐にわたります。本大会を契機に、参加者一人ひとりが、興味のある分野について、できるところから一歩踏み出して取り組んでいく。既に実践している方であれば、今一度、自身の活動や志を見つめ直していただく。本大会が、それぞれの「道」を歩んでいくきっかけや道しるべになれば、これ以上嬉しいことはありません。
いばらき全国大会まであと残りわずか。私たち実行委員会のこの思いを一人でも多くの仲間に伝えたい!若手新人からベテランに至るまで、多くの皆様のご参加をお待ちしております。参加登録がまだの方は、申込み期限の2月10日(金)までに、是非とも、お仲間を誘いあわせの上、登録をお願いします!!
いばらき全国大会をどうぞ宜しくお願いいたします!

お薦めいばらき〜JAXA筑波宇宙センター編~h-_%e3%83%ad%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e5%ae%9f%e6%a9%9f
月報全青司をご覧の皆様こんにちは。いばらき全国大会実行委員会でPR関係を担当している黒澤竜太(くろさわりょうた)と申します。平成17年に合格して19年にふらっと青司協に入会。25年に単位会の代表者を務めた後、いつのまにかADR委員会に加わり、個性豊かな仲間たちと楽しく真面目に学んでおります。
ところで、大会・総会前後、観光のご予定はお決まりでしょうか?リサーチの一助として頂くべく、今回はつくば観光のお薦めをご紹介します!
近隣には自然景勝地も多いつくば市ですが、何と言っても30を超える教育研究機関、約300の研究機関・企業と2万人の研究者を擁する、国内最大の研究学園都市としての側面が大きな特色です。その中のひとつ、会場のつくば国際会議場からほど近い場所に立地するJAXA(ジャクサ・宇宙航空研究開発機構)筑波宇宙センターは国内の宇宙開発の中枢を担う施設で、常時一般の見学も受け入れています。皆様にお薦めするにはまず我々が知らねばと見学の計画を立て、実行委員に参加募集したところ、師走の平日昼間にもかかわらず8人が集まりました。なんだ、やっぱりみんな行ってみたかったんだな(^^) 当日飛び込みでも見学できますが、今回参加した、機密性の高いエリアも見学できる要予約のガイド付き有料ツアーがより楽しめると思います。
さて、予約時間に集合すると、本人確認情報作成時のように割と厳重なIDチェックを受けます。%e8%88%b9%e5%a4%96%e6%b4%bb%e5%8b%95%e3%83%a6%e3%83%8b%e3%83%83%e3%83%88そしてJAXAの役割を15分ほどにまとめた案内映像で全体像をつかんだら、いよいよバスで一般立ち入り制限エリアへ。筑波宇宙センターが登場する漫画「宇宙兄弟」では、宇宙飛行士選抜試験の一環として全ての窓が塞がれたバスに乗せられていましたが、もちろん今回はフツーのバス。とはいえ、「特別感」にテンションが上がります。
向かったのは「宇宙飛行士養成棟」なる建物。船外活動ユニット(いわゆる宇宙服)の展示に迎えられ、様々な資料とともに宇宙における医学・生理学のレクチャーを受けました。宇宙食には日本食も採用されており、宇宙ラーメンも展示されていましたが・・既成のラーメンの概念を揺さぶる食べ物とでもいいましょうか(^_^;)
また、ここでは実際の閉鎖環境適応訓練設備(※写真参照)も見ることができます。%e9%96%89%e9%8e%96%e7%92%b0%e5%a2%83%e9%81%a9%e5%bf%9c%e8%a8%93%e7%b7%b4%e8%a8%ad%e5%82%99%e6%a8%a1%e5%9e%8b国際宇宙ステーション(ISS)のモジュールを模した構造で、長期間の閉鎖環境である宇宙空間における精神的ストレスを疑似体験するもの。「こりゃキツそうだな・・」と思う一方、2〜3日実行委員メンバーを放り込んだら集中して会議が捗るんじゃないかとも思ったのでした。他にも、宇宙空間における負荷を体験させる罰ゲームのような各種装置を見るにつけ、自分の三半規管の軟弱さを思い、宇宙飛行士の皆様の強靭な体力と精神力に改めて感服しました。%e9%96%89%e9%8e%96%e7%92%b0%e5%a2%83%e9%81%a9%e5%bf%9c%e8%a8%93%e7%b7%b4%e8%a8%ad%e5%82%99
そしてまたバスに乗り、「宇宙ステーション運用棟」へ。日本の実験棟「きぼう」の管制も筑波宇宙センターのメインミッションのひとつ。ここからは機密性がさらに高くなるため撮影禁止となり、建物入口で携帯やカメラを預けての見学です。映像でしか知らない管制室の様子を生で見られるのは思ったより感動で、いい大人たちが小学生男子のように「おお!すっげー!」と大喜び。前面の大モニタにはリアルタイムにNASAの管制室も写っています。ここから24時間3交替制で「きぼう」を見守っているとのことで、何が起こるかわからない宇宙空間、一瞬も気を抜けない緊張感がガラス越しにもひしひしと伝わってきました。
有料ツアーは以上となり、ミュージアムショップで宇宙のお土産を選んだら、無料で入場できる展示施設「スペースドーム」を回って大満足の見学を終えました。
お子様から大人まで幅広く楽しむことができ、また、地上の常識が通用しない異世界に関わる人々の挑戦するスピリットからは、前向きな勇気をもらえます(^^) 予約見学は人数に限りがありますので、お早めの検討をお薦めしますよ!

※JAXA筑波宇宙センター見学の詳しいご案内はこちらから → 【JAXAのHPへ】

最上部へ移動

茨城青年司法書士協議会

  • 会員専用ページ
  • お問い合わせ