お知らせ

2016年 10月 18日

【研修会】もっとわかりあうために~体験型ワークでコミュニケーションの仕組みを学ぼう!~

3kenshuu
10月15日(土)、土浦市の茨城県南生涯学習センターにて第3回研修会を開催しました。茨城司法書士会と共催であったため、青司協会員以外からも多数ご参加いただきました。
テーマは、「もっとわかりあうために~体験型ワークでコミュニケーションの仕組みを学ぼう!~」として、全青司ADR委員会から名取建治先生、高橋宏治先生をお招きし、当会会員でもある黒澤竜太委員と共に講師を務めていただきました。

研修ではまず、言葉の3つのレベル「事実」「推論」「断定」について学びました。
次に、対話者と観察者に分かれ、対話者は自身のコミュニケーションの特徴3kennshuu2に気づく機会を、観察者はコミュニケーションのプロセスを観察する視点をもつワークを行いました。

全般を通して受講者が能動的に参加する構成で、実に活気のある研修会となりました。

研修会後の懇親会も引き続いておおいに盛り上がり、充実した1日となりました。

最上部へ移動

茨城青年司法書士協議会

  • 会員専用ページ
  • お問い合わせ